薄毛に悩む女性のための新増毛・ボリュームアップエクステ「プラスヘアー」

プラスヘアー「コラム」

カテゴリー:植毛について

女性の植毛ってどうなの?

女性  /  植毛  /  薄毛

今回は「植毛」に焦点を当てお話します。

 

植毛とは、薄毛が気になる部分に人工毛あるいは自毛を植え付ける治療のこと。

 まず、自毛植毛について説明します。多くの場合、後頭部から側頭部の頭髪は男性ホルモンの影響をうけにくい特性があります。そのため、ほぼ生涯に渡り薄くなりにくいのです。この特性を活かして、薄くなった箇所へ移植することで、その部分の薄毛を解消させます。移植された毛包からは、新たに毛髪が成長し、正常なサイクルを取り戻します。上手く定着すると、一生涯伸ばし続けることが可能になります。ちなみに、定着率は約95%と言われています。まれに定着しないという場合もあるようです。薄毛の不安が根本的に解決されるという点ではメリットとして大きいでしょう。また、ランニングコストがかからないということもメリットのひとつです。デメリットとしては、やはり医療行為ですのである程度の体の負担は否めません。また、女性の場合、頭に傷跡をつけるという点もネックとなることでしょう。その他、施術が高度な技術を要求されるため施術の結果が医師の技術レベルや設備の具合等によるところが大きくなります。施術を受ける際は、十分な下調べや比較等が必要となります。

 

人工植毛について 

一方、人工毛植毛ですが、こちらは人工毛(合成繊維性)を薄くなった頭皮に植え込むという方法です。人工毛のメリットとしては欲しい本数だけ増やせるということ。一本一本手作業で植え込むので毛髪のクセなどにある程度合わせることができるという点です。しかし、自毛とは違い体にとっては異物を入れこむことになるので、体が排除する作用が働き、一年で6〜8割が抜けてしまうといわれています。また、人工毛を植えた皮膚の部分から雑菌が入り込み感染するというリスクもあります。
術後の安全性や、定着率などを考えるとやはり自毛植毛を選ぶ場合が多くなるようです。

 

コスト面ではどうなのか。

 金額に関しては植毛する本数や自毛の採取面積などにもよりますが、人工毛植毛の場合一回の手術で30〜50万、面積や本数が多い場合は100万を越える場合もあります。自毛植毛の場合はもう少し割高になり、50万〜80万。面積や本数が増えると100万以上の費用がかかります。
いずれにしても、お手軽に取り入れるというものではなく、ある程度の覚悟が必要な増毛方法となります。

私たちプラスヘアーは、薄毛対策の1つの選択肢として「増毛エクステ」を提供しています。
髪や頭皮に影響がとても少ない増毛法ですので、ホルモンバランスや生活習慣のケアと組み合わせてご利用いただくケースもとても多くあります。

 お悩みの際は、お近くのサロンへお問い合わせください

お問い合せはこちら 電話受付:平日9:00-19:00